性病での腹痛もあるので医師には正確に内容を伝えよう

性交渉などによって感染する性病には、様々な種類があり、その症状もまた多種多様、感染する部位も多岐にわたっています。
例えば、淋病やクラミジアなどの感染にあたっては、一般的には性器の痛みなどが挙げられますが、これは男性によく見られる症状で女性にはそうした自覚症状が少ない場合も多くあります。
また、最近ではごく一般的となったオーラルセックスによる感染では、性器同士の接触がなくても、口腔内粘膜に感染することも少なくありません。
特に自覚症状の無い場合には知らず知らずのうちに相手に感染してしまっている事例も増加しています。
感染者も多く、また感染率も高いクラミジアは男性よりも女性に深刻な症状をもたらすことはあまり知られていません。
こうした認識不足も性病の増加傾向の要因の一つでありましょう。

クラミジアの場合、女性の子宮内部や卵管、卵巣などに感染し、炎症を起こすだけではなく、ひどい場合には不妊の原因となることもありますので、女性にとっては実に厄介な性感染症と申せましょう。
下腹部などに痛みがある場合には急いで専門医の診察を受けるべきと言えます。
もし、その状態を放置してしまいますと、骨盤腹膜炎という重大な病気に進行することもあります。
この病気は症状が重くなると立っていられなくなるほどの腹痛に襲われることもあります。
下腹部の痛みが長く続いたりしている場合は慢性的な症状と言えますが、腰痛や性交の際の痛みを伴うこともありますので、心当たりがあるならば、専門医にその内容をしっかりと説明し治療に専念するほかはありません。
しかも骨盤腹膜炎の場合は重症となる場合が非常に多く、入院を要する治療になるほどの深刻な病気ですので、性交渉の心当たりがあって、身体に異変を感じたならば早め早めの治療を心がけることが大切であると申せましょう。