小さな子供性病の感染経路ですが、カンジダなどの性病については、当然ですが、幼少のお子さんでもかかることがあります。
性交渉などを、当然行っていない年代のお子さんでもかかってしまうことがあることから、性交渉とは関係がないことは明らかです。
ただ、性交渉などを行った際に、カンジダがパートナーにうつってしまうことはあり、これは成人した人や大学生などの間で問題となっています。

性交渉での感染によるカンジダは女性に多いとされています。
ただ、不特定多数の人と性交渉などを行っていない限り、原因などははっきりとしています。
貞操観念がしっかりとしたパートナーであれば、しっかりと好きな相手としか性交渉を行わないため、仮にカンジダになってしまった場合でもクリニックなどを訪れることで完治をさせることが出来ます。

また、生理前や、風邪などを彼女さんがひいてしまった場合には、カンジダになることがあり、この場合には、風邪などの病気のために、カンジダになってしまうという悲しいケースもあります。
それとは別に、彼女さんが、内緒で浮気をしていたり、よく問題にされるテーマとして、風俗嬢やキャバクラ譲として働いていた場合には、当然ですが、不特定多数の男性と性交渉を行うことにより、性病の感染経路は大きく拡大します。
昔からあることですが、不特定多数の男性と性交渉を女性が行う場合、当然ですが、相手のパートナーにもその性病をうつしてしまい、その結果、彼氏さんまでも性病になってしまう、このことが問題となっています。
これについて、心辺りがない、自分の彼女がそんなはずはない、と思う場合でも、女性の場合には、内緒で上記のような仕事をしている人もいるため、注意が必要です。